2代目のMacBook Proは2011年初(2011 Early)モデルです。iPhoneアプリを作ってみたいと思いXCodeをインストールしようと思ったら、Mac OS X 10.10 Yosemiteでにはインストールできませんと言われ、MacOS Sierra 10.12にアップグレードしました。

Yosemiteでも重た〜〜〜〜いとイライラしていたのですが、Sierraにしたらアイコンが始終グルグルまわっている感じになって実用的ではない状態になっていまいました。(^ ^;

今年、仕事用にSurfacePro4を購入して、その軽快さからメインで使うパソコンがMacOSからWindows10になっていまっていたのですが、やはりMacOSも捨てがたいのです。MacBook Proの2011 EarlyモデルはRetinaディスプレイではありませんが、フォント廻りとかは綺麗ですしね。

要らないファイルを削除してみたい、アプリを削除してみたり、Onyxという定番のクリンナップアプリを使ったりしましたが、いまいち効果がありません。まぁSierraがインストールできるモデルにはなっていはいるものの、かなりスペック的に無理な感じがするのと、クリーンインストールしたのはTigerだかLeopardの時代で、それからはアップグレードインストールしてきているのでゴミというかカスというかが溜まっているんだろうなと推測されます。

Windowsをメインで使っていた時は、年に一度の防災訓練みたいに毎年問題がなくてもファイルのバックアップとOSの再インストールをしていました。Macをメインで使うようになってからは、Windowsのようにアップグレードでゴミやカスが溜まってシステムが重くなることはないよ〜〜という世間の評判を鵜呑みにして、アップグレードインストールを行い、OS再インストールなどもしませんでした。

写真などHDDがいきなりクラッシュされて無くなったら困ることも考えて、一念発起、外付けHDDを購入してバックアップをとり、OSを再インストールすることにしました(続く)。

アモスコングバトル4枠のゲームモード書き換えのためにArduinoで遊んでみようと思います。Arduinoの入門書は数冊でているようですが、オライリー社の本が評判良いらしいです。




以前、大手メーカーの情報システム部門に勤務していた僕は、在職時に何冊かオライリー社の本で勉強しました。どの業界にもあてはまることなのでしょうが、専門書は出版社で選ぶというのは間違いではないと思います。もちろん好みなどありますが、オライリー社はしっかりした内容の技術書を出していると思います(少なくとも在職していた10年前までの印象ですが)。

オライリー社は、動物や昆虫のリアルな鉛筆画?の表紙で色々な書籍を出していて、表紙も内容も人を寄せ付けない雰囲気がプンプンしており敷居の高さを感じましたが、Arduinoの本に関しては、「はじめよう」シリーズな感じで、やさしそうな感じです。

オライリー本の内容を実際に試すためのパーツがセットになったArduinoがスイッチサイエンス社から販売されています。


他の会社からも同様のキットが販売されていますが、定評がありそうな感じですので、僕はスイッチサイエンス社のキットを注文。

最終目標はEEPROMの読み書きですので、そのあたりのモノも注文しました。

SOP 8ピンIC用 テストクリップ付き ケーブル (変換基板付き) ISP プログラミング EEPROM 書込み
*ヤフーショッピングにて購入

あと、アモスコングバトル4枠の基盤に搭載されているEEPROMがX24C16という型番のモノで、ネットで調べたところXicor社のEEPROMで動作電圧が4.5V-5.5Vということでした。動作電圧などが似ているAtmel社のEEPROMを注文しました。形式と容量違いといった感じのモノです。

Serial EEPROM【AT24C32A-10PI-1.8】

マルツ電波のオンラインサイトで注文して、店舗引き渡しでお願いしました。

全て、今週中に手に入りそうなので、時間のあるときにぼちぼち楽しんでみようと思います。


アモスコングバトル4枠にプリセットで入っているゲームモード数は32です。おそらくゲームモードの設定情報がはいっていると思しき基盤についているEEPROMは16kbitのものです。

つまり、16kbit = 2KB(キロバイト)です。単純に2KBを32で割ると、2KB/32 = 2046B/32 = 64Bです。

もしかしたらデータの先頭に何かしらの情報が格納されているかもしれませんのが、1ゲームモードあたり最大64Bという感じだと思います。

実際にゲームモードを選択する場合、
1)東家の順位ボタンを押しながら卓本体の電源を入れる
2)ゲームモード選択状態となる
3)集計ボタンで選択ゲームモード番号が増加、終了ボタンで選択ゲームモード番号が減少する
4)ゲームモード番号を選択したら順位ボタンを長押しして決定
という手順で行います。ですからゲームモードの設定情報は固定バイト数なんだろうなと思います。

つまり、機械の中ではゲームモード情報は外部記憶メモリのEEPROMに記録されていて、ゲームモード番号をもとに開始アドレスを決めて、そこから所定のバイト数を読み込む的な処理をしているということです。それを本体の記憶領域に取り込んで、集計作業は本体の記憶領域の情報を参照しながら計算したりしているということです。

はてさて実際はどうなんでしょうね。

使われているEEPROMはI2Cという2線式のシリアルインターフェイスを使うEEPROMのようです。これはArduinoという素人でも楽しめるワンボードマイコンで読み書きができるものらしい。

むむむ、、、、そもそも理系の僕は以前からArduinoに興味がありました。これを機会に挑戦してみようかな。

↑このページのトップヘ