2017年05月

LED蛍光灯を設置して明るくなった麻雀部屋ですが、雀荘に比べると若干明るさが足りません。数値としては、雀荘が200ちょっとルクスに対して、麻雀部屋は110ルクス程度です。もちろん問題なくゲームができていますので構わないのですが、長時間ゲームをする場合、やはり快適な明るさは確保したいものです。

ダクトレールを自前で設置して天井に『コの字』に組んでいましたが、当初計画通り『ロの字』にしました。

image

既存の蛍光灯と並行にLED蛍光灯を1本ずつ設置し、卓上110ルクス

fbc98c2b.g

今回はLED蛍光灯を設置していない対角の2箇所に2灯ずつ計4灯を設置しました。

【5/20(土)20:00〜/25(木)1:59までポイント5倍】【カメダデンキ】【Kameda RAIL SOCKET】カメダ レールソケット 2灯用【ホワイト】1組(給電側1個、受け側1個)【照明器具】【お買い物マラソン期間限定】
【5/20(土)20:00〜/25(木)1:59までポイント5倍】【カメダデンキ】【Kameda RAIL SOCKET】カメダ レールソケット 2灯用【ホワイト】1組(給電側1個、受け側1個)【照明器具】【お買い物マラソン期間限定】

【割引】PHILIPSフィリップス LED蛍光灯 5000K昼白色 40w形 120cm 40w 直管 LED蛍光灯照明器具 灯具対応 グロー式工事不要対応 3年保証
【割引】PHILIPSフィリップス LED蛍光灯 5000K昼白色 40w形 120cm 40w 直管 LED蛍光灯照明器具 灯具対応 グロー式工事不要対応 3年保証

使ったのは、カメダデンキのレールソケットWとフィリップス社製LED蛍光灯です。そして実際につけた様子がこちら。

2017-05-20-20-16-41

なんだか蛍光灯だらけですね (^ ^;)

卓上の明るさを計測してみました。

2017-05-18-19-40-40
おぉ216ルクス!!雀荘並みになりました。
*手牌がバラバラなのはご容赦を (^ ^;;)

かくして、我が家の麻雀部屋は明るくなったのでした。

テスターでアモス系点数表示枠の点棒の抵抗値を測ってみました。


1.006MΩですね。
誤差0.6%なので、±0.5%の抵抗器が使われているのかもしれませんね。

手元には100点棒1本のみなので、他の点棒の抵抗値がわかりませんが、おそらく500点棒は200kΩではないかと思います。

現在、アモスノアに点数表示枠を後付けしようと検討しております。
アモスノアはアモス系卓の中では新アモス卓に分類されます。

旧アモス卓と新アモス卓はざっくりと以下の特徴があげられます

旧アモス卓(ギャバン、モンスター、オーシャン、コング、コングバトルフォー、マーテル)
*牌は1箇所吸引
*磁石でぶら下げながら山を積む。下→上→下→上という感じで、カツカツカツと音を鳴らしながら東家から順に北家まで積んでいく
*旧アモス牌を利用(比較して小さい方)

新アモス卓(キューブ、アルティマ、レックス、シャルム)
*牌は4箇所吸引
*東南西北家それぞれを下山→(手牌)→上山の順で積んでいく。レックスは積む順番がランダムになるようです。
*新アモス牌を利用(比較して大きい方)


新アモス卓と旧アモス卓では機械本体の厚みが違うらしく、点数表示枠の互換性も厳密にいうとないらしい。ないらしいというのは、業者さんによってはアモスノア(シャルム互換)にはレックス枠しかつけられませんよという業者さんもあれば、コングバトルフォー枠をスペーサーを挟むことで利用可能ですよと説明する業者さんがいるからです。

点数表示枠って、とんでもなく高いんです!レックス枠はちなみに三十数万円します。もう一度言います、三十数万円します。

アモスノアを二十万円ちょっとで買った身としては、枠に1.5倍のお金だすなんて、、、、、だったらもう一台アモスノア買うよ〜という気持ちになります。

心情的に機械本体よりは安くあってほしいわけです。

となると、中古の旧アモス卓用点数枠が候補となります。
旧アモス卓用の点数表示枠では、アモスコング枠、バトルフォー枠、プレジャー枠などがあります。

特徴はこんな感じです
アモスコング枠
*1箇所表示(他家の点数・点差はボタンを押して確認)
*接点式点棒
アモスコングバトルフォー枠
*4箇所表示
*接点式点棒
プレジャー枠
*4箇所表示
*非接点式点棒(ICチップ的なものが点棒の中に入ってるらしい)

下に行くほどお値段も機能も高くなります。

接点式点棒の点数表示枠は雀荘で他メーカー卓で経験してますので、たまに表示が正確じゃないこともあったりと若干イライラもあるのですが、自分家で楽しむには手入れさえちゃんとすればきっと大丈夫なんじゃないかな〜と思い、コストバランス的にもコングバトルフォー枠を狙っています。

といっても接点式点棒の構造を知って、どの程度お手入れできそうかも知りたいと思い、ヤフオクで100点棒を一本だけ落札してみました。

そして届いたのがコチラ

2017-05-15-17-47-06

さっそく分解してみました。点棒の左右にネジがついているので外して分解するとこんな感じに


2017-05-15-17-40-35

どうやら点棒の真ん中に抵抗器が埋め込まれていて、左右にリード線がのびて折り返されています。ネジをつたって電極につながる構造のようです。

せっかくなのでお掃除お掃除ということで、牌拭き用に買った無水エタノールを綿棒につけてクリーニングしてみました。

実際に100点棒はどれくらいの抵抗値を示すのか、今度測ってみようと思います。


おまけ
2017-05-15-17-51-58
アモス100点棒とノーマル100点棒のツーショット

コーヒーはハンドドリップ派です。豆もゴリゴリと挽いてからたてるのが好きです。円錐形のフィルターにはまり、気づいたらハリオの術中にはまっていました。

送料無料!HARIO(ハリオ) セラミックコーヒーミル・スケルトン MSCS-2B■コーヒーミル ハンドミル ハンドコーヒーミル 手挽きミル 手動ミル
送料無料!HARIO(ハリオ) セラミックコーヒーミル・スケルトン MSCS-2B■コーヒーミル ハンドミル ハンドコーヒーミル 手挽きミル 手動ミル

こんなんで豆を挽いて

ハリオ V60コーヒーサーバー ドリッパーセット ショコラブラウン VCSD-02CBR【楽天24】【あす楽対応】[ハリオ コーヒーサーバー]
ハリオ V60コーヒーサーバー ドリッパーセット ショコラブラウン VCSD-02CBR【楽天24】【あす楽対応】[ハリオ コーヒーサーバー]

そしてこんなんでコーヒーたてるんです。

ゆったりとした楽しいひと時を楽しめるのではありますが、機械にお任せで淹れてほしい時だってありますよね。コーヒーメーカーはカレコレ20年近く前に買ったスタバのバリスタっていう機械があります(いまでも同じやつあるのかなぁ?)。

特に何がオススメってわけでもなく、単にスタバブランドってだけで20代の時に買いました。

サーバー部分がガラス製なので、ヒータースイッチ入れっぱなしだと何となく煮詰まった感じになっていくし、スイッチ切っておくと、どんどん冷めていくし、そこが難点でした。

サーバーが魔法瓶タイプのコーヒーメーカーを色々と探しましたが、正直どれがいいのかわかりません。ハリオのドリッパーを使う前は3つ穴のカリタ派だったのですが、色々と調べているとコーヒーメーカーは1つ穴のメリタが良さそう。

そんな中で僕が選んだのがこれです。




なんか、シュッ!としてるでしょ。5杯分までたてられます。保温もちゃんと効きます。
現在のお値段は知りませんが、五千円台で買えました。

ネットの評判を見ると、魔法瓶のサーバーが注ぐときにポタポタ垂れるなどのクチコミがありましたが、注ぎ口もシュッ!としてるので、そこまでボタボタはないやろーと思い、購入を決断。

実際に使ってみてネットで見かけたクチコミと実際の僕の感想です。

*思ったより大きかった
→確かに今まで使っていたコーヒーメーカーよりちょっとだけ大きいけど、びっくりするほどではない

*フィルターをセットする部分のためにスペースが必要
→フィルターをセットする部分は左方向にグインと回転させてフィルターと粉をセットしてグインと戻しますので、確かに左側に20センチ程度の空間が必要になるのは確かです。

*スイッチが固い
→抽出開始のためのボタンが少々固いのは事実です。しかし誤動作を防ぐためにはこの程度の固さはあったほうが良いと思います。音もなりますしオレンジ色に光りますので、押せたかどうかはちゃんと確認できます。

*サーバーが液垂れする
→どんだけポタポタになるんだろうと心配しましたが、気になるほどではありませんし、。たとえるならば、お醤油差しでタラーっと注ぎ口から垂れる感じになることがタマにある程度です。

コーヒーメーカーも日進月歩の進化を遂げているんでしょうし、僕自身いろんなコーヒーメーカーを使ったわけではないので総合的な比較はできませんが、

〇魔法瓶サーバーの蓋を外すと口が大きいため、氷も入れられるし洗うのも楽
〇水を入れる部分も外せる
〇しっかりした味のコーヒーができる
〇お替りを勧める程度の時間の間なら保温できている

ということで大満足です。

魔法瓶サーバーの背丈が低い(15センチくらい)ので、麻雀しているときもサイドテーブルの2段目におけるってのもナイスです(このメリットは僕だけの特殊事情でしょうが)。

ダイソーで購入した3個100円の小瓶に、MJBコーヒーを30gずつ小分けにして入れておいて、
飲みたいときに
1.水を5人分のメモリまで入れる
2.フィルターをセットして小瓶のコーヒー粉をザッと入れる
3.スイッチオン!
の3ステップでコーヒーをいれています。


カフェインに強いのか、寝る前にでもコーヒー飲んじゃいます。コーヒー飲まない日がないくらい好きですし、マグカップで毎日2−3杯くらい飲んでいると思います。

僕が住んでいる町にもコーヒー豆屋さんがいくつかあり、片田舎なのに美味しいコーヒー飲めて幸わせぇ〜なんて思ってましたが、それでもそういうお店のコーヒーは少々お高いです。

100gで400円台だったらお手頃な方です。

1杯たてるのに10g程度使いますから、まぁ1杯40円って思えば安いんですけどね。
さてドン・キホーテに行ったらこんなものを見つけました。
2017-04-14-21-06-19

MJBコーヒー

そういえば昔、先輩がMJBが売ってる!!ってデッカイ缶入りのMJBに飛びついていたのを思い出しました。コーヒーにこだわりのある僕は、大量かつ粉のコーヒーなんておいしいもんか!なんて心の中で思っていたのですが、物は試し買ってみました。

アーミーグリーン(ドン・キホーテ企画商品)900gで698円+税
*写真の左側です。これはたまたま増量キャンペーン中でした

100gで90円しません( ̄▽ ̄)
つまり、1杯10円しません( ̄▽ ̄)

買って帰って早速たててみると、、、、思ったほど悪くない!むしろイイ!
そりゃぁコダワリの豆と比べると段違いではありますが、
がぶがぶ飲む常飲コーヒーなら全然オーケーなのです。
若干の物足りなさも、飽きのこない味とも受け止められます。

キャッチコピーは「普段着のコーヒー」とでも言っていいと思います。

後日、レッドの方も買って飲んでみましたが、グリーンに比べて苦みがやや強く、個人的にはレッドの方が好みに合ってました。

世の中のお替り自由のサービスコーヒーってMJBがベストチョイスじゃないかなぁと思わせるくらい出す方も出される方も特別意識しなくてもいいお気軽コーヒーです。

麻雀するときの飲み放題コーヒーはMJBに決まりっ!

↑このページのトップヘ