2代目のMacBook Proは2011年初(2011 Early)モデルです。iPhoneアプリを作ってみたいと思いXCodeをインストールしようと思ったら、Mac OS X 10.10 Yosemiteでにはインストールできませんと言われ、MacOS Sierra 10.12にアップグレードしました。

Yosemiteでも重た〜〜〜〜いとイライラしていたのですが、Sierraにしたらアイコンが始終グルグルまわっている感じになって実用的ではない状態になっていまいました。(^ ^;

今年、仕事用にSurfacePro4を購入して、その軽快さからメインで使うパソコンがMacOSからWindows10になっていまっていたのですが、やはりMacOSも捨てがたいのです。MacBook Proの2011 EarlyモデルはRetinaディスプレイではありませんが、フォント廻りとかは綺麗ですしね。

要らないファイルを削除してみたい、アプリを削除してみたり、Onyxという定番のクリンナップアプリを使ったりしましたが、いまいち効果がありません。まぁSierraがインストールできるモデルにはなっていはいるものの、かなりスペック的に無理な感じがするのと、クリーンインストールしたのはTigerだかLeopardの時代で、それからはアップグレードインストールしてきているのでゴミというかカスというかが溜まっているんだろうなと推測されます。

Windowsをメインで使っていた時は、年に一度の防災訓練みたいに毎年問題がなくてもファイルのバックアップとOSの再インストールをしていました。Macをメインで使うようになってからは、Windowsのようにアップグレードでゴミやカスが溜まってシステムが重くなることはないよ〜〜という世間の評判を鵜呑みにして、アップグレードインストールを行い、OS再インストールなどもしませんでした。

写真などHDDがいきなりクラッシュされて無くなったら困ることも考えて、一念発起、外付けHDDを購入してバックアップをとり、OSを再インストールすることにしました(続く)。