モノが捨てられないあかはば(@akahaba)です。 NewImage 1年以上悩んだ末に、ScanSnap S1100を購入しました。きっかけは自炊(書籍のデジタル化)ではなく、どんどん溜まっていく書類をなんとか減らしたいという理由です。 一昨年の暮れにEvernoteのプレミアム会員になり、それ以来ライフログを始め色々な情報をEvernoteに蓄積していっています。しかし、自分が作成した資料や行動の記録にとどまり、受け取った書類などのデジタル化は手付かずでした。 こりゃいかんなぁ、一番整理しなくてはいけないのは会議等で受け取った資料や送られて来た重要書類のデジタル化だ!ということで、ようやく購入に踏み切ったわけです。 早速ScanSnap Managerというアプリをインストールし、試しにA4モノクロ書類を読み込んでみました。 はっ早い!思ったより読み取りが早い!! というのが第一印象でした。 使い方もとてもシンプルで、手前の用紙フィードを開ければ電源オン、閉めれば電源オフです。USBから電源が供給されるバスパワー方式なのでアダプターに繋ぐ必要もありません。スキャンのボタンを押して1枚ずつ読み取りし、読み取らせたい枚数を連続で読み取らせ、終わったらスキャンボタンを押すと終了。そしてScanSnap Managerのクイックメニューから連携させたいアプリや保存先を選べばOK!というお手軽さ。 用紙サイズも解像度もすべて自動で決めてくれるのでなんともお気軽です。 とりあえずは、EvernoteにPDF形式でボンボン手元の書類を読み込ませては保存させていっています。