デジカメをパソコンに繋がずに写真をiPhoneやパソコン、Webに直接送れたらいいなと思い、2年前にEye-FiのSDカード(Eye-Fi Connect X2 4GB)を買いました。 IMG 5129 その時は、アプリの出来もイマイチ?で、思った程スムーズに転送してくれないので何だか残念な思いをしたのを覚えています。 以前は、付属のカードリーダーを使わないとEye-Fiカードの設定が出来なかったのですが、最近では直接パソコンのSDスロットに差し込んでも設定ができるようになっていました。 「OZPAの表4」さんのブログで、あらゆる写真管理をWeb上のPicasa(Picasa Webアルバム)に任せることにしましたという記事「Web上での写真管理を「Picasa」に任せることにした3つの理由」を読み、僕も写真をPicasaに任せてみることにしました。 まずはGoogle+のアカウントを登録し、iPhoneにGoogle+のアプリを入れてください。 Google+の設定画面にて「インスタントアップロード」を設定しましょう 設定 > インスタントアップロード Untitled note インスタントアップロードをONにすると、Google+アプリを起動している裏でせっせとカメラロールの写真をPicasa WebのInstant Uploadという非公開アルバムにアップロードしてくれます。 さて、一度はiPhoneのGoogle+で写真をアップロードした上で、今度はEye-Fiカードを設定します。 Eye-Fi CenterからEye-Fiカードの設定を行います。写真 > オンライン にて、Picasaを選択し、詳細設定を編集します。 スクリーンショット 2013 02 10 20 47 10 ログイン名という箇所を「Instant Upload」に変更しましょう。こうすることにより、Eye-FiカードからもiPhoneのGoogle+アプリと同じInstant Uploadアルバムにアップロードされます。 また、アップロードする写真サイズを1600pxにすると、2048px x 2048px以下のサイズの写真であればどれだけアップロードしてもノーカウント!つまり利用容量には影響がありません。ぜひ合わせて設定しておきましょう。 あと、自動でアップロードさせるためには、ネットワーク > プライベートネットワーク にて自宅のWiFiなどを認識させてください。 それでは快適なPicasaライフを!!