タグ:mac

モノが捨てられないあかはば(@akahaba)です。 NewImage 1年以上悩んだ末に、ScanSnap S1100を購入しました。きっかけは自炊(書籍のデジタル化)ではなく、どんどん溜まっていく書類をなんとか減らしたいという理由です。 一昨年の暮れにEvernoteのプレミアム会員になり、それ以来ライフログを始め色々な情報をEvernoteに蓄積していっています。しかし、自分が作成した資料や行動の記録にとどまり、受け取った書類などのデジタル化は手付かずでした。 こりゃいかんなぁ、一番整理しなくてはいけないのは会議等で受け取った資料や送られて来た重要書類のデジタル化だ!ということで、ようやく購入に踏み切ったわけです。 早速ScanSnap Managerというアプリをインストールし、試しにA4モノクロ書類を読み込んでみました。 はっ早い!思ったより読み取りが早い!! というのが第一印象でした。 使い方もとてもシンプルで、手前の用紙フィードを開ければ電源オン、閉めれば電源オフです。USBから電源が供給されるバスパワー方式なのでアダプターに繋ぐ必要もありません。スキャンのボタンを押して1枚ずつ読み取りし、読み取らせたい枚数を連続で読み取らせ、終わったらスキャンボタンを押すと終了。そしてScanSnap Managerのクイックメニューから連携させたいアプリや保存先を選べばOK!というお手軽さ。 用紙サイズも解像度もすべて自動で決めてくれるのでなんともお気軽です。 とりあえずは、EvernoteにPDF形式でボンボン手元の書類を読み込ませては保存させていっています。

インターネットでいろんな記事やニュースを読むのが好きな あかはば(@akahaba)です。 Pocket MacBook ProやiPhoneでインターネット上の記事やニュースを読む際に、最近Pocketを活用するようになりました。Pocketって何??という人はGIGAZINEの次の記事を読んでみてください。 気になるページを保存してあとで別のスマホなどからオフライン時にも読めるようにできる「Pocket」の使い方 以前は、Pocketって何が嬉しいんだろう?と思っていました。しかし、Google Readerに登録しているRSS(ニュースフィード)が100近くなり、あちこちのインターネット記事を効率よくチェックし、後から必要になっても引き出せる情報にするために、何か良い方法はないかなぁと思案していたところ、Pocketに辿り着いたわけです。

以前のワタクシ

Google Readerでフィードを★1つ(優先度低)から★5つ(優先度高)までの5段階に分けて、時間のない時は★5つのフィードだけを読んでました。それでも放っておくとすぐに未読記事が何百になり、結局消化しきれずにいたわけです。 インターネットサイトの情報も、気になったらEvernoteにWebクリップしたりして後から読みなおすようにしていましたが、ちゃんとタグ付けとかしていないため、あの記事どこだったかなぁとイチからGoogleなどで検索するハメに。 保存先やワークフローが集約されていないので、どの方法(RSS?インターネット記事?)で見た情報か分からなくなる問題点がありました。

今のワタクシ

workflow Google Readerで読んでいるRSSフィードだろうが、Safariで読んでいるインターネット記事だろうが、iPhoneアプリのSmartNewsで読んでいる記事だろうが、とにかく気になったものはその場で読まずにどんどんPocketに放り込んでいきます。 Pocketに放り込んだ記事/ニュース/情報を後でゆっくりチェック、その上で保存版的情報をEvernoteにクリップ!

まとめじゃないけどまとめ

この方法に変えたのは正直、最近のことなのですが、何となくスッキリ整理できそうな感じで気に入っています。お片づけもそうですが、アレ?どこやったっけ?というのは一番いけませんね。

Macアプリの紹介記事などを書こうとした際、アプリのアイコンをブログに載せたいのだけど、どうした良いのだろう?と思われたことはないでしょうか?以下にその方法をご紹介します。 手順
  1. アプリのアイコン画像の取得(コピー)
  2. アプリのアイコン画像ファイルの作成(ペースト)
  3. アプリのアイコン画像の保存
の3段階です。では行ってみましょう!今回はiPhoto'11を例にご説明します。

アプリのアイコン画像の取得(コピー)

Finder > アプリケーション よりアイコンを取得したいアプリを選択 そして「command + C 」にてコピー ※今回はiPhoto.app スクリーンショット 2013 02 06 9 02 04

アプリのアイコン画像ファイルの作成(ペースト)

プレビュー.appを起動し、メニューより ファイル > クリップボードから新規作成 を選ぶ。(「command + N」でも可) Preview

アプリのアイコン画像の保存

プレビュー.appにて先ほどコピーしたアイコンの画像が開くので「command + W」で保存 Iconget フォーマットをJPEGなどブログに利用しやすいフォーマットに変更して保存 Jpeg 完成!! IPhoto icon 以上の手順で簡単にMacアプリのアイコン画像が取得できます!

ブログの投稿には、Mac用アプリのMarsEditを使っています。 先月に1ヶ月試用版を使っていましたが、この度試用期限が過ぎてしまいライセンスを購入することに。ライセンス購入は本家サイトもしくはAppStoreからできます。 それぞれのライセンス料は、本日(2013/2/4)時点で AppStore 3,450円 本家サイト 39.95ドル です。最近円安傾向になって来たので、AppStoreで購入したほうが安くなりました。 AppStoreで購入する場合の注意点は、一度試用版をアンインストールしてからAppStoreにて購入しないと、MarsEditがダブるそうです。 テンプレート以外の情報はサーバー側に保存されてるので、アンインストール → インストール設定でも大したことはないだろうと思い、AppStoreから正式版を買いました。 MarsEditの設定は至って簡単です。MarsEditを立ち上げたらブログ設定画面がでるので、ブログ名とブログのURLを入力するだけです。 MarsEdit blog 私はWordpressを利用していますが、最新のWordpressではxml_rpc投稿設定をしなくても、ブログのURLを入力するだけでMarsEditからの投稿ができるようになります。 さて、ブログの設定をして過去の投稿記事などが読み込まれたので新しい記事を投稿してみようとすると、、、、アレレ?? MarsEdit auth This blog is protected by a second level of security. Please enter your HTTP Basic Authentication username and password for "あかはば日記". このブログは2段階セキュリティーで守られています。HTTPベーシック認証のユーザー名パスワードを入力してくださいという画面が・・・・ なぜ? 改めてユーザー名とパスワードを入れるもののダメ 困ったなぁとインターネットを探しまわってると、ロリポップサーバーのWAFという機能が悪さしてるという記事を見つけました。 mune3.netの記事 そーいえば、試用版の時も同じことでハマっていたのを思い出しました。学習しないワタクシ・・・ WAFはウェブアプリケーションファイアーウォールの略で、ロリポップサーバーのサイトでは、
WAFとは、Webアプリケーションのやり取りにおいて不正侵入を防御することのできるファイアウォールのことです。
と紹介されています。ロリポップの管理画面にログインして、 左サイドバーから WEBツール > WAF設定 を選びます Rolipop この画面で赤く囲った部分が有効の場合、WAFが有効になっていて、無効の場合、WAFが無効になっているようです。早速、設定変更の「無効にする」ボタンを押します。反映には5〜10分かかると書いてありますね。 待つこと5分、MarsEditでユーザー名とパスワードにWordpressで利用しているユーザー名、パスワードを入力したら、あら不思議!すんなり投稿ができました。 めでたしめでたし MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥3,450

↑このページのトップヘ