あかはば

ドローンやMacなどなど

未分類

アメリカでは小切手が普通

投稿日:

今回なんでアメリカに来たの?と聞かれますのでお答えしますと、1つは銀行の用事です。このタイミングで来た方が良い用事があったため遠路はるばる来ました。

アメリカでの銀行含めてお支払い事情は日本と結構違います。クレジットカードが一般的であると同様、小切手帳も個人が一般的に用います。日本だと会社関係でしか余りお目にかからないかもしれませんね。公共料金の支払い、家賃の支払い、カード残高の支払い、個々人でのお金の受け渡し、あらゆるシーンで大活躍です。僕が知る限り、口座引き落としは一般的ではありませんでした。二重引き落としのリスクや、そもそも自動的に引き落とされるシステムを信用してないのかもしれません。小切手帳も銀行発行のシンプルなものから、自分の好きなキャラクターや柄モノの小切手帳をオーダーして作ることもできます。受取人の名前と、金額(数字と英語表記)そしてサインをして支払いです。小切手文化に慣れてないためか、最初とても不安でした。支払いを郵送したけど、何かの事情で届かずに延滞料かかることになったらどうしようとか。きっと海外の人は、ハンコなんて誰でも使えるものよく信用するよなと思ってるでしょうね。文化の違いです。

-未分類

Copyright© あかはば , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.