タグ:wordpress

完全Macの生活に変わって丸2年くらい経ちます。以前は仕事でWindowsを使用しており、Office文書を作成していたのでどうしても完全Macの生活に移れませんでした。 今は、文書作成の必要はあってもファイルで他所とやりとりをする必要がないため、iWorkのアプリを使って文書作成をしています。 さて、完全Mac生活に慣れてしまうとWindowsのあることが気になって仕方ありません。 それは、、、、フォントの汚さです。もちろんWindows Vista以降メイリオなど奇麗なフォントが出て来ていますが、やはりMacのヒラギノフォントなどにはかなわない気がします。僕のMacBook Proは2011年モデルのためRetinaディスプレイではありませんが、きっとRetinaディスプレイのMacBook Proは奇麗なんだろうなぁと思います。 ブログも折角だから奇麗なフォントで見えるといいなと思い、Wordpressで奇麗なフォントで表示されるように子テーマを作ってみました。 Webourgeonさんのブログでは、style.cssにて親テーマのCSSを読み込んでから上書きしていく古典的方法ではなく、wp_enqueue_styleを使った方がよいと書かれていますが(記事参照)、今回は古典的方法で子テーマを作成しました。 [css highlight="3,8"] @charset "utf-8"; /* Theme Name: TwentyTwelve akahaba custom Theme URI: http://akahaba.mond.jp/akahaba/ Description: Child theme for the Twenty Twelve theme for WordPress Author: akahaba Author URI: http://akahaba.mond.jp/akahaba/about/ Template: twentytwelve Version: 0.1.0 */ @import url('../twentytwelve/style.css'); [/css] これがWordpressの子テーマであることを認識するために、上記のような情報を書く必要があります。必須の情報は3行目のTheme Nameと8行目のTemplateのみです。それ以外は出来たら書きましょうという情報です。 子テーマを格納するフォルダは親テーマと同じ階層にしましょう。 さて、実際に上書きするcss設定を書きましょう。今回はbodyのフォント設定なので下記のような情報を設定しました。 [css] body { font-family: メイリオ, Meiryo, Osaka, “ヒラギノ角ゴ Pro W3″, “Hiragino Kaku Gothic Pro”, “MS Pゴシック”, “MS PGothic”, sans-serif; } body.custom-font-enabled { font-family: "メイリオ", Meiryo, "Hiragino Kaku Gothic Pro", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "MS Pゴシック","Lucida Grande", "Lucida Sans Unicode", Arial, Verdana, sans-serif; }[/css] これでWindows環境であればメイリオが、Macならヒラギノゴシックで優先的に表示されるようになります。 Macでの違いは以下のとおり フォント指定前 スクリーンショット 2013 02 10 20 57 44 フォント指定後 スクリーンショット 2013 02 10 20 58 49 ちょっと違い分かりづらいですかね ^ ^;;

ブログの投稿には、Mac用アプリのMarsEditを使っています。 先月に1ヶ月試用版を使っていましたが、この度試用期限が過ぎてしまいライセンスを購入することに。ライセンス購入は本家サイトもしくはAppStoreからできます。 それぞれのライセンス料は、本日(2013/2/4)時点で AppStore 3,450円 本家サイト 39.95ドル です。最近円安傾向になって来たので、AppStoreで購入したほうが安くなりました。 AppStoreで購入する場合の注意点は、一度試用版をアンインストールしてからAppStoreにて購入しないと、MarsEditがダブるそうです。 テンプレート以外の情報はサーバー側に保存されてるので、アンインストール → インストール設定でも大したことはないだろうと思い、AppStoreから正式版を買いました。 MarsEditの設定は至って簡単です。MarsEditを立ち上げたらブログ設定画面がでるので、ブログ名とブログのURLを入力するだけです。 MarsEdit blog 私はWordpressを利用していますが、最新のWordpressではxml_rpc投稿設定をしなくても、ブログのURLを入力するだけでMarsEditからの投稿ができるようになります。 さて、ブログの設定をして過去の投稿記事などが読み込まれたので新しい記事を投稿してみようとすると、、、、アレレ?? MarsEdit auth This blog is protected by a second level of security. Please enter your HTTP Basic Authentication username and password for "あかはば日記". このブログは2段階セキュリティーで守られています。HTTPベーシック認証のユーザー名パスワードを入力してくださいという画面が・・・・ なぜ? 改めてユーザー名とパスワードを入れるもののダメ 困ったなぁとインターネットを探しまわってると、ロリポップサーバーのWAFという機能が悪さしてるという記事を見つけました。 mune3.netの記事 そーいえば、試用版の時も同じことでハマっていたのを思い出しました。学習しないワタクシ・・・ WAFはウェブアプリケーションファイアーウォールの略で、ロリポップサーバーのサイトでは、
WAFとは、Webアプリケーションのやり取りにおいて不正侵入を防御することのできるファイアウォールのことです。
と紹介されています。ロリポップの管理画面にログインして、 左サイドバーから WEBツール > WAF設定 を選びます Rolipop この画面で赤く囲った部分が有効の場合、WAFが有効になっていて、無効の場合、WAFが無効になっているようです。早速、設定変更の「無効にする」ボタンを押します。反映には5〜10分かかると書いてありますね。 待つこと5分、MarsEditでユーザー名とパスワードにWordpressで利用しているユーザー名、パスワードを入力したら、あら不思議!すんなり投稿ができました。 めでたしめでたし MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥3,450

↑このページのトップヘ