あかはば

ドローンやMacなどなど

Apple

UlyssesからWordPressに投稿のワークフロー

更新日:

UlyssesからWordpressに投稿するにあたり大抵のことはできるのですが、最終的にはWordpress上で微調整が必要になるのかなというのが現時点での感想です。

Ulyssesで記事を書くときのワークフロー

  1. Ulysses上で記事を作成。Markdown XLを利用
  2. メディア(画像)はUlysses上にて挿入
  3. UlyssesからWordpressにアップロード
  4. WordPress上で微調整

記事の作成はUlyssesにて行うとして、問題は画像の添付や各種付随情報の設定です。

  • 公開・予約公開の設定
  • 画像の添付
  • カテゴリーの設定
  • タグの設定
  • パーマリンクの設定(スラッグ)
  • アイキャッチ画像の設定

ざっと以上の設定が公開に向けて調整する必要があります。いずれもUlyssesでもできますし、Wordpress上でもできるというものです。一応、上から順にUlyssesで設定した方が良いという基準で並べました。

WordPress上で設定した方が良いもの 〜アイキャッチ画像〜

アイキャッチ画像の設定はWordpress上でした方が良い気がします。僕の場合、アイキャッチ画像は記事本文に利用した画像を使うことが多いのですが、Ulysses上でアイキャッチ画像を選ぶと結局Wordpress上では同じ画像が別画像として2つメディアに投稿されます。ですから、アイキャッチ画像はUlyseesから下書き投稿したのちにWordpress上で設定した方が良いかも知れません。「カテゴリーの設定」「タグの設定」「パーマリンクの設定」あたりはどちらで設定しても良いかなと思います。

画像添付のワークフローは検討の余地あり

Ulyssesからの添付画像もサイズなどピクセル数で指定して添付できますが、iPhoneで画像をメールするに添付する際に小・中・大・オリジナルと選ぶように選択できたら便利なのにと思います。画像の軽量化やサイズ調整など含めて、この辺りのワークフローは検討の余地ありですね。

-Apple
-,

Copyright© あかはば , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.