あかはば

ドローンやMacなどなど

動画配信

YoutubeとFacebookに同時ライブ配信②

投稿日:

前回の続きです。今回はNginxサーバーを動かしてみましょう。まずはYoutubeだけにライブ配信してみましょう。

今回はRTMPサーバーにWindowsを使います。MacやLinux系のみなさまごめんなさい。

MacやLinuxですと、rtmpモジュールを有効にしながらコンパイルするなどの方法がありますが、Windowsの場合はrtmpモジュールが組み込まれたNginxを使う必要があります。

ネットを探したところ最新版は2018年版でnginx1.14.1バージョンにrtmpモジュールをあてたバージョンがGithubにありました。

nginx-rtmp-win32

このサイトからダウンロードして、Cドライブ直下などに置いて使います。インストール作業などは必要ないようです。

利用するにはconfディレクトリにあるnginx.confを編集する必要があります。

nginx.confの主な設定項目

worker_processes 1;

実行プロセスの数を定義します。

worker_connections 1024;

コネクション数を制限する(eventモジュール内設定)

error_log logs/error.log info;

エラーログの指定。レベルは低い順からdebug, info, notice, warn, error, crit, alert, emerg

rtmpモジュールの設定項目

server_serverインスタンスを宣言

listen 1935; RTMP接続を許可するポートを設定

chunk_size 4096; データ読み込みサイズ(デフォルトは4096)

application multi RTMPのアプリケーションを設定。applicationに続く名前にてrtmp接続をする

live on;   ライブ配信

record off;   録画なし

push <url>;   他のサーバーにストリームを発行

nginx.confのサンプル

worker_processes  1;

error_log  logs/error.log info;

events {
    worker_connections  1024;
}

rtmp {
        server {
                listen 1935;
                chunk_size 4096;

                application multi {

                        live on;
                        record off;

                        push rtmp://a.rtmp.youtube.com/live2/<Youtube StreamKey>;
                }
        }
}

Nginxの実行

Nginxのフォルダにあるnginx.exeを実行します。タスクマネージャーでnginxプロセスが起動していることを確認してください。

プロセスの停止はタスクマネージャーからもできますが、バッチファイル(stop.bat)で行います。ただしstop.batの中身は"nginx.exe -s stop"です。

nginx.exeのオプションは他にも以下のようなものがあります。設定ファイルを修正して再起動する場合は停止→起動よりも再読み込み立ち上げのほうが確実かもしれません。nginx.exeの問題かはわかりませんが、停止→起動を行った場合、修正した設定ファイルが正しく反映されない場合がありました。

nginx.exeのオプション

nginx -s stop 即座に停止する

nginx -s quit 接続完了・新規接続を受け付けない状態での安全な停止

nginx -s 新しいconfigファイルを読み込みながらの新規プロセスでの起動

配信

OBSで配信する場合は設定>配信を選び、サービスとしてカスタムを選び、サーバーにrtmp://127.0.0.1/multiを入力します。

rtmp://<サーバーのアドレス>/<アプリケーション名> です。

これで配信を行って、Youtube Studio画面にてストリームが届いていることを確認してください。

次回は、Facebook liveへの配信です。

-動画配信
-

Copyright© あかはば , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.